FC2ブログ

2009/11/02

頚椎の治療が始まりました

 きょうは時々雨が降り気温も14度までしか上がらず、とても寒い一日でした。機能との温度差は何と11度です。

 朝風呂に入りました。首、足腰、肩、足底筋膜筋のストレッチとスクワットをしました。
朝の30分ウォーキングに女房と愛犬と一緒に行きました。
きょうの花です。
   町で見かけた花シリーズhana09305

 朝食後、診療所に行きました。私が時間を勘違いしていてすぐに戻りました。
チェロの練習を1時間しました。

 昼食後、「フレッシュ高南タイム数学」の準備をしました。
時間が来たので再度診療所に行きました。
今回は頚椎の専門の先生が見えるのでその治療です。
始めに頚椎の役割や機能的な話し、そして私の頚椎の状況とそれによる障害について説明を受けました。
一番の問題は、首がのっている一番重要なところがずれていることにより、それを支えるために骨が作られ変形してしまい、神経を圧迫したり手のしびれ等様々な現象が起こるとのことでした。
首がずれることにより頚椎が横に曲がっていたり、S字にならずまっすぐになっているので、腰がずれ、足の長さがずれていました。
そこで、玉突きの要領で玉を打って頚椎に当てて元に戻すという方法をやることになりました。
別に痛みはまったくなく、何かやったという感覚はありませんでした。
元の位置に戻ったことを確認するということで、再度足の長さを調べました。
体が現在の位置を覚えるために、5分ほど横になっていました。
当然、そのうち元の状態に戻ってしまうので、当面一週間ごとに治療してもらい、状態によって二週間と言う風に感覚をあけていくということになりました。
三ヶ月くらいかかるだろうとのことでした。
本当にこれで治るのならとてもうれしいです。
帰りに郵便局に行って年賀はがきを買いました。

 帰って来たら何か疲れたようで、きょうもテレビを見ながら寝てしまいました。

 体調はきょうも特に問題もなくまあまあでした。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
* 腎細胞癌闘病記 *
2001年12月26日に
腎細胞癌が見つかりました

2002年2月20に手術をしました

手術までの経過、入院そして手術
退院後の様子を紹介しています

毎日更新しています。
アクセスカウンター
プロフィール

みかわっち

  • Author:みかわっち
  • 城西学園で31年間高校そして中学で数学を教えていました。
    退職し、1年間非常勤講師として狛江市立狛江第4中学で数学を教えていました。
    その後5年間東邦大学で、現在は日本大学理工学部で非常勤講師として数学教育法を教えています。
    「フリースペースコスモ」にてボランティア活動で指導した後、「NPO法人フリースペースやすらぎの森」を開設し、不登校の子どもたちの居場所作りをしています。
    女房のピアノ私のチェロで、自宅で地元のコミュニティーとして演奏会をしています。
    2002年2月に腎細胞癌で左腎臓を摘出しました。
    「闘病の森」のホームページと、「腎細胞癌掲示板」の運営をしています。
カレンダー
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事とコメント
アマゾンはこちらからどうぞ
こちらのブログからアマゾンへ行き購入されると、購入額の約3%がNPO法人フリースペースやすらぎの森に寄附が出来ます

メールフォーム
感想やご意見があればメールして下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
訪れたら一日一回
ぜひ投票してください
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
Tree-リンク集
月刊アクセスランキング
携帯用QRコード
月別アーカイブ