fc2ブログ

2007/09/08

高齢者は病気になっても医療は受けられないの?

 きょうはまた暑さが戻ってきてとても暑い一日でした。
朝風呂に入りました。
30分ウォーキングのときも久しぶりに暑かったでした。
きょうの花です。
   町で見かけた花シリーズ07266

 朝食後1時間半チェロの練習をしました。
久しぶりに城西学園に自転車で行きました。やすらぎの森の報告をしてきました。

 昼食後は、大学生の指導案の添削の続きをし、送り返しました。

 夕食後は地域の学習懇談会に女房と一緒に参加しました。
内容は、「高齢者の医療制度が大きく変わる」と「区立小中学校統廃合構想出る」でした。
医療費にも教育にもお金を出さないと言うことのようです。
高齢者が病気になったら医療費が無駄ということのようで「先がないのだから自宅で家族に囲まれのんびりと死を迎えてほ欲しい」ということのようです。
私はやはり予防医療をもっと進める必要があると主張しました。町をあげて健康体操等の予防医療を実施し、病気になる方が減り、医療費が減ったとの報道も聞いたことがあります。
本人負担を増やしたり、医療を受けさせないというような方向はやはり間違っていると本当に思いました。

 指の関節炎はやはり痛いことがまだあります。でも少しは楽になっているようです。それ以外は問題ありませんでした。
スポンサーサイト



pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
* 腎細胞癌闘病記 *
2001年12月26日に
腎細胞癌が見つかりました

2002年2月20に手術をしました

手術までの経過、入院そして手術
退院後の様子を紹介しています

毎日更新しています。
アクセスカウンター
プロフィール

みかわっち

  • Author:みかわっち
  • 城西学園で31年間高校そして中学で数学を教えていました。
    退職し、1年間非常勤講師として狛江市立狛江第4中学で数学を教えていました。
    その後5年間東邦大学で、その後日本大学理工学部で非常勤講師として数学教育法を教えていました。
    「フリースペースコスモ」にてボランティア活動で指導した後、「NPO法人フリースペースやすらぎの森」を開設し、不登校の子どもたちの居場所作りをしています。
    妻のピアノ私のチェロで、自宅で地元のコミュニティーとして演奏会をしていました。
    2002年2月に腎細胞癌で左腎臓を摘出しました。
    「闘病の森」のホームページと、「腎細胞癌掲示板」の運営をしています。
    2013年に妻が若年認知症になり介護を始めました。
    2021年に前立腺癌で放射線治療をしました。
    現在は妻の介護の様子を書いています。
カレンダー
01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事とコメント
アマゾンはこちらからどうぞ
こちらのブログからアマゾンへ行き購入されると、購入額の約3%がNPO法人フリースペースやすらぎの森に寄附が出来ます

メールフォーム
感想やご意見があればメールして下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
訪れたら一日一回
ぜひ投票してください
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
Tree-リンク集
月刊アクセスランキング
携帯用QRコード
月別アーカイブ